2008年10月20日月曜日

paper waxmold 0.05uF 200V fat-guitar



アクセス解析 以前から、自分でパーツを替えるのを楽しみにしていましたけれど。
いかんせん、半田付けが下手なのでプロに頼むことにしました。
 メンテして頂いたのは、fat-guitarさんです。


fat-guitar
〒115-0052 東京都北区赤羽北2丁目22-10 赤羽北2丁目ハイツ1309号TEL:080-6682-0917E-mail:fat-music713@y6.dion.ne.jp
 http://fatguitar.cart.fc2.com/






やはり、プロの仕事は違いますね、大満足です。
電話で打ち合わせして、ギター本体を送りました。
音は言葉に表せませんが、以前よりクリアで倍音
成分が出てタッチの微妙な表現もかなりリニアな感じです。
リアにトーンを効かせることにしたのが大正解かな。
キンキンにならずにソロでも太い音がでます。


以下は内容です。




ストラトサーキットセット(インチ)CRL5way CTS250K Bカーブ×1個 
CTS250K Aカーブ×2個 スイッチクラフトモノラルジャック×1個
Western Electric 24AWG 単線ブラックエナメル2本拠り合わせ 
コンデンサー1950年代 ペーパーワックスモールド 0.05uF200V
自分でパーツを揃えるよりも、工賃込みの値段のが安いかもしれません。
ギターは総合力ですので、パーツだけ変えて解決するものではないので
すけど、ハンダを替えても配線材を替えても音が変わるのは事実ですね。
泥沼状態になるかもしれませんが、それも楽しいのではないかと。


一度、fat-guitarさんのような、プロに相談するのも良いかと思いますよ。
ネット上には色々と嘘情報も氾濫してますので。
     
メインブログはこちらです。↓


コメントを投稿