2008年11月2日日曜日

Fender USA Blues Jr Magic 6

1960年代のFENDERアンプ(ブラックフェイス)にはMagic 6
と呼ばれるセッティングがあったそうですね。
FENDER DeluxeReverb、Deluxe、Princeton
あたりのアンプです。
Volume6、Treble6、Middle3、Bass2、Reverb適宜、Master Volume
適宜Middle3×Bass2=6ってことでしょうか?
Fender USA Blues Jrで試しましたけど、クリーンが素晴らしく出ます。
Trebleはいつも、10前後だったのですけどこれだとクランチ気味で、も
う少しクリーンの音圧が欲しいときは不満だったのですがTreble6 だと
ちょうどいい音圧です。

なかなか奥の深いセッティングですね。
一番煌びやかなクリーントーンを、どうぞお楽しみください。
メインブログはこちらです↓
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan


にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
コメントを投稿