2009年1月16日金曜日

Raw Vintage Tremolo Springs








ストラトのリプレイスメント部品は自ら人柱になることが多いのですね。
かなり効果があったり、???だったり。
しかし、これは超お勧めですよ。
ベタ付けノンフローティングでトレモロを使ってる人にはベストかもです。
まず、生音がかなり大きくなります。リバーブ感とローが出てきます。
いわゆるビンテージサウンドがお好きな方は迷わず買ってください
。2,100円でこれだけの効果はまずないでしょう。
5本かけが基本です。

ただしシンクロタイプがベストでしょうか。
ウィルキンソンですとあまり効果がありません。
テンションがかなり弱くなってしまって、フニャヌニャしてしまって
結局元に戻しました。
フロイトローズタイプも効果がないようです。
5本セットしてから、たぶんテンションが変わると思うのでトレモロハンガー
のビスをチョーキングした時にほんの僅か浮く位の調整してくださいね。
締め込み具合でトーンも変わりますので。

追記
2010年一月現在
ブリッジを0.5mm程度フロートさせてます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



パッケージ裏の説明↓
製造から数十年が経っているヴィンテージ・ギターは、パーツなどの消耗品の機能性に問題が生じてきます。これによりパーツの交換が必要になった時に多くのヴィンテージ・ユーザーの皆さんが恐れるのは、パーツを変えたせいで音色がガラリと変わってしまう事でしょう。50's・60'sのヴィンテージの太くコシのあるサウンドは、サドルも然る事ながら、トレモロスプリングも重要な役割を担っていると考えます。現行のスプリングは固く張力の強いものが多く製造され、ヴィンテージのそれとは異なった趣向の物となっています。まず外径の違いに気が付くことでしょう。ヴィンテージの物は現行の物より0.8mmも太い事がわかりました。スプリングの張力はヴィンテージと現行の数メーカーの物を計測し、その上でヴィンテージとほぼ近い数値へ導きだしました。5本もしくは4本で使う事を前提とし、これによる重量の変化とスプリングの収縮率によるアーミングの安定と絶妙なトルク感が得られます。さらに、重量が増す事により太くコシのある音と良いリバーブ感を出してくれます。スプリングの製造メーカーと共にヴィンテージ現物を解析、研究し、あのウォームで太いトーンを導きだしました。もちろん現行品リイシューギター等にリプレイスメント・パーツとしても使用可能で、ヴィンテージを所有しない方も、より本物に近いその性能を堪能出来ることでしょう。
Interview with Chris Duarte RV Springs at Redwood Bar,Mar 30 2009
http://www.youtube.com/watch?v=Lot1hCtygD4&feature=related

メインブログはこちらです。↓

コメントを投稿