2009年7月20日月曜日

Line6 Pocket POD Express











基本的に、自宅でも小音量でいわゆる真空管サウンドを出すのが
生きがいですけれど、仕事から帰ってきて、夜、音を出すのは
かなり無理があるのが現実ですね。

買ってから、数ヶ月経つのですが。
そんな時はLine6 Pocket POD Expressです。
以前もデジタル物を所有してましたけれどすぐ飽きてしまって
売るのがオチかなと思ってましたが。
コレは、結構使えますね。

まず、ツマミが少ないのが最大の利点ですかね。
トーンすらありません。
ましてや、スイッチもありません、ジャックに突っ込むだけです。
早い話がアンプが5台入っていると。
Fender Deluxe Reverb、Fender Twin Reverb、
Vox AC 30 Top Boost、Marshall JCM 800、
Mesa/Boogie Dual Rectifierですね。

デジタル物はどんなギターでも大差なかったりしますけど
これはしっかりキャラが出ますね
弾き方が悪いとアラもはっきりでますし、音もいわゆる真空管アンプです。
そのギターの持ってる美味しい音がいずれかのアンプで出るはずです。
チューナーも意外と使えたりします。
エフェクトも好みのセッティング箇所が、かならずあるかと。
 
買ったばかりの頃、CLEAN ポジションですとあまりにクリスタルなんで、気に入らなかったのですが。
慣れてくると、Bonnie Raittのストラトトーンみたいでお気に入りです。
気のせいかもしれませんが。
                                                                               
欠点としては、ヘッドホーン再生専用ですね。
外部スピーカーで鳴らすと、もろにデジタルです。
立体感とか音圧は無理です。
真空管アンプで鳴らしてもショボ。
ダイキャストかと思ってら、外装がプラスチックなんでかなりチープさが・・。
でもまぁ、1万円ちょっとなんで、騙されたと思って買ってくださいな。
夜のお供に是非。
メインブログはこちらです。↓
コメントを投稿