2010年5月22日土曜日

Raw Vintage Tremolo Springs




お約束でBuilt by ASKA Evolution/CB-ST #010 に付け替えました。
生鳴りからして露骨に変わってきますよ。
アンプには繋がずに、生音で、ストラップをつけ
て立って、コードを一発弾くのですよ。

すぐに、くるっと、ピックガード面を顔に近づけて
ギターが天井向きになる状態です。
もう、スピーカーが入ってるかのごとく音量がものすごいです。

ストラトに限らず、いわゆる鳴るギターはスプリングの有無
とは関係なしに何故か同じ現象が起こりますよ。
試奏の際の判断基準にもなりますね。

ただ、Raw Vintage Tremolo Springs はWilkinson VS-100N 
と Floyd Roseあと、友人の話ですと、かなり重いストラトは効果
がないみたいです、理屈はわかりませんけど。

一番上の写真は安曇野の湧き水です。
良い季節になりましたね。
アクセス解析 メインブログはこちらです。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿