2010年8月31日火曜日

Peterson Clip-On Strobe Tuner


 









ギターは現在5本所有しておりまして
そのうち3本にBuzz Feiten Tuning Systemを搭載しているのですね。
日本で最初にライセンスを取得したティーズギターの高橋専務さんに
http://d.hatena.ne.jp/kenjitsg/
お願いして搭載したわけですが。





でも、アレなんですよ。




( ̄‥ ̄) 専用チューナーを持ってない。




( ̄‥ ̄) 高くて買えない。



まぁ、なくてもチューニングは出来るわけで。
そんなわけで、やっと安く出ましたね、しかも名門から。

Peterson Clip-On Strobe Tunerですね。
http://www.electroharmonix.co.jp/peterson/stroboclip.htm

何が良いって収納の箱が良かったりするわけですが。


今まではAW-2G を使ってまして、これも値段の割には
かなり優秀なわけで、特に不満もなく、精度もかなりのもん
ですしね。
二つを比較すると、そりゃ値段が違うので、当然造りは
Petersonの方がしっかりしてます。


Peterson で心配してたのは精度が良すぎてチューニングに
時間がかかるのでないかと思ってましたけど、そんなこともなく
少しの慣れで、AW-2G と同じに簡単に合わせられます。

ちなみにオクターブチューニングを合わせたところですね。
AW-2Gで、合わせてあったのですが、Petersonで再度あわせても
ほとんど駒を動かす必要がなかったので、何気に優秀な
AW-2Gだったりするわけですな。

しかし、自分の耳ってのを信じてはいけないなと。
PetersonでBuzz Feiten Tuning System用の
プリセットを使用してチューニングするとですね。



( ̄‥ ̄) 最初から、専用チューナー買っておけばよかった。


( ̄‥ ̄) この、イントネーションは、たまらんな。

まだ、試してませんけど、他にも色んなプリセットがあるんで
かなり重宝するのではないかと。

メインブログはこちらです。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan

StroboClipには以下のプリセットを搭載しています。



•EQU:平均律(最も一般的なチューニング)
•GTR:ギターに最適化
•ACU:スタンダード・チューニングのアコースティック・ギターに最適化。
 カポの使用により変化を補正します。
•BAS:アコースティック・ピアノと合わせて演奏するベースに最適化。
•12S:12弦ギターのレギュラー弦に最適化。
•12U:12弦ギターの副弦に最適化。
•DAD:DADGADチューニングのアコースティック・ギターに最適化。
•BFE:バズ・フェイトン・チューニング・システム*搭載エレクトリック・ギター用
•BFA:バズ・フェイトン・チューニング・システム*搭載アコースティック・ギター用
•BFB:バズ・フェイトン・チューニング・システム*搭載ベース用
•DBO:ドブロ**/リゾネーター・ギター・オープンA/D/Gに最適化
•DBH:ドブロ**/リゾネーター・ギター・オープンA/D/Gチューニング用(3度ハーフ調整)
•BJO:5弦バンジョーに最適化
•LA6:アコースティック・ラップスティールA6セッティング
•LC6:アコースティック・ラップスティールC6セッティング
•UKE:ウクレレ(弦のたわみをオフセット)
•MAN:マンドリンに最適化
•VLN:バイオリン用完全5度
•VIOLA:ビオラ用完全5度
•CELLO:チェロ用完全5度
•HRN:管楽器
•SIT:シタール
•GHB:グレート・ハイランド・バグパイプ
•LUT:リュート、ヴィオール(1/6コンマ中全音律)
•UIL:イリアン・パイプ
•OUD:ウード
•RAS:マカーム・ラーストに最適化
•SUZ:マカーム・スージナークに最適化
•NAI:マカーム・ナイルーズに最適化

 http://www.electroharmonix.co.jp/peterson/stroboclip.htm

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
コメントを投稿