2010年9月11日土曜日

12AX7 TUNG-SOL EL84/6BQ5 JJ




そんなわけで、何気に、おもいっきりいじってる
今回のBlues Juniorグレードアップ作戦なのですが。


最後のミッションは、やっぱアレです。





( ̄‥ ̄)  真空管でしょ。



今まで、もう何回差し替えたか憶えてないんですけど。
まぁ、それなりに納得したし、経験値も積んだわけですが
いかんせん、素人でございますから。



ここは、ひとつプロの意見を聞くかと。
最近、ずっとお世話になってる
ヴィンテージサウンドの佐々木代表にメールしまして。
ヴィンテージサウンド 本店
http://vintagesound.jp/



クリーンは倍音豊かなサウンド。
歪ませると太くて抜けの良いサウンド。
ハイゲインペダルを使っても潰れない。



以上3点の要望を出しましてね。

帰ったきたチョイスが。









12AX7 TUNG-SOL 3本マッチ 中ゲイン 真空管HX12
http://www.vintagesound.jp//index.php?main_page=product_info&cPath=646_647_660_664&products_id=46844



EL84/6BQ5 JJ 2本マッチ 中パワー 真空管HX22 
http://www.vintagesound.jp//index.php?main_page=product_info&cPath=646_708_764_767&products_id=48477


で、結果ですが。





( ̄‥ ̄) 完璧。





Blues JuniorとE.W.S. MINI-HG AMP やMATCHLESS 9WAを
比べるのがそもそも間違いですが、今まで圧倒的に負けていた
クリーンの出音が、二つのアンプに近づきましたね。



E.W.S. MINI-HG AMP やMATCHLESS 9WAは8インチですので
当然、迫力のある低音はでません。
基本的にペダルはなしで、クリーンとクランチを
楽しむアンプだと思います。

Blues Juniorは12インチなので、低音では勝りますね。
ペダルとの相性も以前よりかなりよくなりました。

今回、スピーカー交換、スピーカーケーブル交換
真空管交換をしましたが、総合的に相乗効果で
以前のアンプよりかなりのグレードアップしたかと
思います。


音が圧倒的に前に出るようになりました。
反応が早くなったわけですね。








私みたいな電気的知識のない素人が、半田コテを使わず

ドライバー1本で、できる改造はこの位ですかね。



( ̄‥ ̄) とりあえず、暫くやることはありません。




メインブログはこちらです。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan






にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿