2010年10月11日月曜日

A REVELATOR MID 1950'S STYLE WHITE BLONDE






ギターは出会いですね。
もうかれこれ30年以上弾いてますけど
試奏をしないでギターを買ったことは
一度もありませんでしたが。







( ̄‥ ̄) 買ってしまいました、試奏をしないで。



でも、いつもお世話になってる
fat-guitarさんから、中古で買ったので
目利きは完璧ななわけで、不安はなかったですけどね。



アッシュで重さは3キロないと思います。
音の方向性はまさしくヴィンテージなのですけど
現代的なトーンもでるし、当たりのマスグレクラスですね。
レリックって嫌いだったんですけど、これは
経年変化具合がとっても自然で気に入りました。



レリックって、ただ傷をつけましたってのが多いですけど
Revelatorのレリック技術は天才肌だと思います。



以下スペックです。





* Ultra light Swamp Ash 1 piece
*1 piece Flame Maple neck
* frets vintage
* 1 ply White guard
* 7.25" radius board
* Fender Custom Shop Texas Special
* Neck profile: medium "C"
* Hand cut and contoured real bone nut
http://www.revelatorguitars.com/

比較的初期に製作されたギターでネックはRevelatorがAll-parts
にカスタムオーダーした1 piece Flame Mapleが使われています。



電装関係はfat-guitarさんでチューンナップしてます。



コンデンサーは1950年代のCornell Dubilier paper waxmold 0.105uF200Vに交換
1950年代のストラトに使われていたのと同じ paper waxmoldで容量も50年代のス
トラトと全く同じ0.1uFです。



リアPUにもトーンが効く配線になっています。
内部配線は1960年代のアンプから取り外したビンテージクロスワイヤー
長年の使用で万が一ポットが緩んでしまったといったトラブルの時でもアースが
取れるようポット間のアースのみ単線を2本撚り合わせて強度を高めてあります。
ジャック部分の配線はオリジナルのローノイズワイヤーになっています。



メインブログはこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan






にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿