2015年3月28日土曜日

GROOVE TUBES GT-6V6 Performance rate No. 10









そんなわけで、オイラの持ってるアンプの中で一番低い出力のアンプは
4.5WのE.W.S. MINI-HG AMPなんだがさ。


んが


 ( ̄‥ ̄)  一番音がでかい!!


 ( ̄‥ ̄)  しかも、反応が一番早い!!


 ( ̄‥ ̄)  ピッキングをする前から音がでます。


 ( ̄‥ ̄)  嘘です。


 ( ̄‥ ̄)  はいはい。



クリーンからクランチ・ディストーションまでこれ一台ででるんだけど
欠点としては、クリーントーンを出せるポイントが非常にピンポイントで余裕がないのよ。
トーンコントロールもないし、ゲインとボリュームしかないんで余計にシビアなのね。



歪みを押さえるためにリ管の12AX7を低ゲインタイプに差し替えたら
これが軟弱な音になっちゃて
まったく張りがない音でさ、即却下したんだな。






パワー管の6V6を一番歪みにくいグルーブチューブパフォーマンスレイト10番に換えたわけ。








 ( ̄‥ ̄)  あんまし、前と変わらない。



 ( ̄‥ ̄)  前よりトーンは煌びやかになった気がする。


 ( ̄‥ ̄)  でも、気のせいかもしんない。


 ( ̄‥ ̄)  このアンプはあんまし、いじるなってことね。


◆こっちでも遊んでます。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/otoohsan


◆Facebookに遊びに来てね。
https://www.facebook.com/kenji.kamimizu1



にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿