2015年6月13日土曜日

GROOVE TUBES GT-,R Performance rates No. 10








そんなわけで、プリ管を12AX7から5751に換えてから
煌めくクリーンサウンドがでるようになったMATCHLESS 9WA改なんだが。


( ̄‥ ̄) で、パワー管は何つけてたっけ?


( ̄‥ ̄) そんなときはこのブログの過去記事を見るわけだな。


( ̄‥ ̄) で、中位のゲインが出るパワー管をつけていたよ~で。


( ̄‥ ̄) ほんぢゃ、パワー管のパフォーマンスレイトをhighにすればもっとクリーンが稼げるぢゃん!!


( ̄‥ ̄) ほんで、一番歪まないタイプのEL84-R Performance rates No. 10に換えたわけだ。


( ̄‥ ̄) で


( ̄‥ ̄) なかなか良いではないか。


( ̄‥ ̄) いわゆるヘッドルームに余裕ができたなと。


( ̄‥ ̄) つか、E.W.S. MINI-HG AMPの時は換えてもあんまし変わらなかったから期待はしてなかったのね。


( ̄‥ ̄) 過去記事↓



( ̄‥ ̄) MATCHLESS 9WA改は、まだまだ伸びる子かもしれん。





◆こっちでも遊んでます。↓

◆Facebookに遊びに来てね。


にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿