2017年11月26日日曜日

Wilkinson's stud anchor.









Arc-Hollowの弦交換をしてましてね
弦を外して新しい弦を裏から入れやすいように
アームアップを何回かしてしてから布をボディと
ブリッジにかましてフローティング状態で作業をしてたんですよ。

そんで弦を張り替えてチューニングしだしたらなんか変!

弦高が思いっきり高い!

よくブリッジを見たら6弦側のウイルキンソンのスタッド
アンカーが5ミリほど上がってるではないか。
一枚目の写真ね。


( ̄‥ ̄) アームアップしすぎたのかしらん。





( ̄‥ ̄) 出る杭は打たねばならぬ!!


( ̄‥ ̄) スタッドを抜いてからプラハンマーで軽く叩きましたよ。



( ̄‥ ̄) 見事、元の鞘に収まりましたとさ。



( ̄‥ ̄) めでたしめでたし!!


( ̄‥ ̄) 軽くパニックだったのは内緒です。



◆こっちでも遊んでます。↓

◆Facebookに遊びに来てね。↓

◆Google+に遊びに来てね。↓

◆Twitterに遊びに来てね。↓

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
コメントを投稿